ネクタイ、タイピン、カフスボタン、ポケットチーフ、ベルト。基本となるのはトータルコーディネート。

会費制結婚式・1.5次会における男性のバッグ/小物

1.5次会やオリジナルの会費制結婚式に出席する男性で、より良く見せられる簡単な方法があります。それはスーツやシャツの色や柄に合わせてネクタイ、タイピン、カフスボタン、ポケットチーフ、ベルトなどを決めていくトータルコーディネート。難しいことはありませんので安心してくださいね。

カラーは一色に統一。ゴテゴテした装飾は避けよう。

これは特に男性同士の話かも知れませんが、男性って相手の時計を見て、自分より金持ちかどうか、上か下かって見るもんなんですって。どんなプライドだよって思ってしまいそうですが、でも女性も男性の持物や小物って結構見ますよね。

そこで、ここでは結婚式や1.5次会に参加した時、より良く見せる方法をお伝えします。とはいっても難しいことではありません。ゴテゴテした装飾は避け、カラーは一色に統一しましょう。

【トータルコーディネートの基本】
・ネクタイは無地はストライプ・チェックなどベーシックな柄。
・ネクタイはシルクなど光沢のある素材を(銀色のネクタイもいいですね)
・タイピンはできるだけシンプルなものを。
・カフスやポケットチーフはネクタイの色に合わせる。
・メガネの色も合わせても良いが、黒やフレーム無しでもOK。
・ベルトは黒か茶色が基本。バックルがゴテゴテしていないものを。
・靴下やシューズはベルトの色に合わせる。

【身に着けない方が良いもの】
・華美なアクセサリー
・宗教や呪い的なアクセサリー
・腕時計

特に時計は意外と思われるかもしれませんが、本来、フォーマルな場面では腕時計を付けることはしません。理由は「時間を気にしている」という印象を持たれてしまうから。オリジナルの結婚式や1.5次会、お披露目パーティは祝福すべき幸せなパーティーですし、時間を気にしているんだぞ!的なアピールと取られてしまうので、時計を付けるのは極力控えましょう。

「会費制結婚式・1.5次会における男性のバッグ/小物」と合わせて読みたい