男性においてもドレスコードは存在します。汚くなければ何でもいい。なんてことはありません。

会費制結婚式・1.5次会における男性のドレスコード

ドレスコードは、オリジナルの会費制結婚式や1.5次会など、その場に相応しい装いを規定したエチケットに近い存在のルールです。汚くなければ、清潔感があれば何でもよいというわけではありません。自分自身もパーティの雰囲気を盛り上げる演出の一部なんだと、しっかりとドレスコードを守りましょう。

昔はダブルのブラックスーツのみ。でも今は……?

もし機会があれば、お父さんや親せきの叔父さんに聞いてもらいたいのですが、結婚式に呼ばれた際、着ていく男性の服装はと言えば、みなさん「白シャツとネクタイにダブルのブラックスーツ」とお答えすると思います。確かに昔はよりフォーマルな装いが求められたのでダブルのスーツに純白のYシャツやネクタイを合わせるのが一般的でしたが、今は時代が進み、だいぶ様変わりしているようです。 特に10代~30代、40代に関してはダーク系のスーツやグレー系のスーツにカラーシャツや柄ネクタイを合わせるのも許容されるため、ポイントを押さえればオシャレも楽しめそうですね。
【男性ゲストのドレスコードNG】
黒いネクタイはNG
原色など派手なスーツはNG
Tシャツ&ジーンズなどカジュアル過ぎる服装はNG
スニーカーやブーツはNG