必ず守ってほしい女性のドレスコード。NGな服装をしてしまうと全員から白い目で見られてしまうことも

dresscode_image_women-dresscode

オリジナルの結婚式や1.5次会で主役はもちろん新郎新婦さんですよね。そんな主役を食ってしまうような服装は結婚式には相応しくありません。特に花嫁さんと被ってしまうと、全員から白い目で見られてしまう恐れも。必ずドレスコードは守りましょう。

特に女性における白ドレスは絶対NG。でもオリジナル結婚式ではコンセプト次第で白指定も。

基本的に披露宴パーティーは楽しいものですし、華やかで幸せな雰囲気が会場いっぱいに広がるものですので、その雰囲気を壊さない装いが相応しいのですが、こと女性ゲストにおいてはNGとされるドレスコードが多々あったりします。

ドレスコードにおいてNGとされているのは

【女性ゲストのドレスコードNG】

全身が白は絶対にNG
全身が黒、ベージュは基本的にNG
デニムや綿などカジュアル素材はNG
肩出しはNG
短すぎる着丈はNG
素足やブーツはNG
年齢に相応しくない衣服はNG
派手なアクセサリーはNG
ブラックパールはNG

と、一般的にはこのように言われています。

これらは主役は新郎新婦であること、別れや不吉な印象を与える、という2点がベースとなってるNGコードとなりますが、近年においてはバイカラー(二色→別れという印象)やパンツスタイルは問題視されない傾向にあるようです。

ただこれもあくまでも一般的な結婚式や1.5次会での話で、新郎新婦がオリジナルで純白をテーマにした結婚式を挙げる予定で、女性は白ドレスで統一したいからお願いします。と逆に指定があったという話も聞いたことがありますので、招待状に記載されるドレスコードは必ず守るようにしてくださいね。

「会費制結婚式・1.5次会における女性のドレスコードについて」と合わせて読みたい