余興のお願いはいつどうやってすればいいの?

結婚式を盛り上げる重要な演出のひとつとして、誰もが余興を思い浮かべると思います。
ユーチューブなどでいろいろな方の余興を観ることができるようになったことで、今まで観たことのないようなハイクオリティの余興をおこなうゲストも増えています。
だからこそ、ギリギリになってからお願いすることのないように、結婚式の日取りが決まったらお願いする相手を考えはじめましょう。
余興となると、ある程度親しい友人にお願いするというケースも多いです。
その際にメールで「お願いしますね」と伝えるだけでは、本当にお願いしたいのか疑わしいものです。
極力、結婚の報告と余興の依頼も兼ねて、新郎新婦で直接訪問してお願いにいくべきでしょう。

直接話をすることで、相手側に想いも伝わりますし、余興をしてあげたいという気持ちも強まるのではないでしょうか。
訪問が難しい場合でも、メールで済ませることはせず、電話で直接話をするのが望ましいです。

また、相手側に十分な準備期間が必要ですから、できるだけ早めに伝えることが大切です。
余興内容によって準備期間や練習量が違いますが最低でも3ヶ月前にはお願いをするようにしましょう。

大切な人が集まる結婚式ですから、正しい準備をして、気持ちよく余興を楽しみたいですね。