ウェディングネイルはどんなデザインや種類を選ぶ?

普段からネイルをしなかったり、ネイルに興味があるひとでも種類やデザインの多さになかなか決められずに時間がかかるものですよね。
でも指先って意外と人に見られてるもので、結婚式だと特に指輪をはめたり写真を撮ったりと普段より気を使う人も多いと思います。
そこで、結婚式にどのようなネイルがいいのかメリットとデメリットも含め紹介します。
まずは「ジェルネイル」。結婚式での定番と言ってもいいジェルネイルは、仕上がりが美しくデザインの幅が広いのが特徴です。
式の間に取れてしまうという心配もなく、式が終わってもそのままの状態という人も多いようです。
しかし、自分でとることができないのでネイルサロンで落としてもらう必要があります。
また、爪の長さを足せないので、爪の長さが短い人には向いていないようです。そこで、爪の長さが足りないけれどジェルネイルがいいという人向けのネイルが「スカルプチュア」。
ジェルネイルと違う点は自分の爪の長さよりも長いネイルができるという点です。他はほぼジェルネイルと同じです。
仕事上ネイルをするのが厳しかったり、すぐにネイルを落としたいという人にオススメなのが「チップ(付け爪)」「マニキュア」。
リーズナブルで自分で落とす事ができ、チップは式が終わっても記念として残せるといったメリットがあるのに対し、ドレスなどに引っかかり式の最中に取れてしまうというデメリットも。
デザインだけでなく、ドレスに合った色を選ぶのも大事ですよね。
あなたに合ったデザインや色、あなたのお気に入りを探してはいかがでしょうか。