結婚式の衣裳はどのように選ぶ?

結婚式の衣裳は一生ものですが、普段なかなか着る機会の無いドレスやタキシードを選ぶのはなかなか難しいものです。
ふたりの大事な衣裳は、どのように選ぶのがよいのでしょうか?

・希望のイメージを持って試着に臨む
洋装か和装か、色はどうするかなど、ある程度のイメージを持って試着をしたほうがはかどるでしょう。
普段は着慣れないものですが、「何でもいい」という気持ちで衣裳選びをしてしまうと、かえってなかなか決まらないものです。
色やスタイルだけでもイメージし、衣裳スタッフに伝えておくと、相談もできスムーズにいくでしょう。

・新郎新婦、ふたりのバランスが大事!
結婚式当日の新郎新婦は、隣同士でいる時間がほとんどですよね。
ふたりがセットで見られる、ということを意識しましょう。色やデザインの相性もあるので、それぞれが好きに衣裳を決めてしまってはバランスが悪くなってしまう可能性もあります。
新婦のドレスが決まってから、新郎はそれに合うタキシードを選ぶなど、お互いに歩幅を合わせて衣裳を選んでいく必要があります。

結婚式の準備で、衣裳選びは難しいもののひとつかもしれません。
お互い協力して、誰が見ても素敵に見える衣裳を選び、華やかな結婚式にしたいですね。