冠婚葬祭に欠かせない「六輝」とは?

六輝とは暦注のひとつで、大安(たいあん)・友引(ともびき)・先勝(せんしょう)・赤口(しゃっこう)・先負(せんぷ)・仏滅(ぶつめつ)、この6種類のことをいいます。

この中でも大安は、「大いに安し」という意味を持ち、六輝の中でいちばん吉とされる日で、結婚式をはじめとした祝い事は、大安の日に行われることが多いようです。

それでは、結婚式は大安の日ではないとダメなのでしょうか?
旧暦対応のカレンダーを見ると、大安は週に一度くらいですし、必ずしも希望の結婚式予定日と同じにはなりずらいと思います。
今の時代ですと気にしない、というカップルも多いでしょうが、親側は日取りに敏感な場合もあるので、ふたりの間はもちろん、両家の親ともしっかりと話し合いながら日取りは決めていきましょう。

簡単に六輝の意味を見てみましょう。

・大安・・・終日万事が吉。結婚式や結納は大安の日が多い。
・友引・・・昼は凶、午前、夕方、夜は吉。結婚式については、大安の次に良いとされる。
・先勝・・・午前は吉、午後は凶。万事急ぐことが良いとされ、結婚式は午前に始めると良い。
・赤口・・・牛の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉、それ以外は凶。
・先負・・・午前は凶、午後は吉。平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けたほうが良い。
・仏滅・・・「ものを失う」の意味で凶とされ、特に結婚式など祝い事はしないほうが良いとされる。六輝のなかでは最も凶な日とされている。

必ず日取りを大安にすることは難しいかもしれませんが、自分たちの日取りは六輝でいうと何の日なんだろう?と気にかけるくらいはできそうですね。