結婚式で白のウエディングドレスを着るのはなぜ?

結婚に憧れる女性ならば、誰もが着てみたいと思うのが純白のウエディングドレスですよね。
結婚式のドレスといえば、ほとんどの人が白をイメージすると思います。

白といえば清楚で無垢な姿を表現し、花嫁にはこれ以上ない色だというのはなんとなく想像できますよね。
また、白という色は何色にも染まっていないということから、「これからあなたの色に染めてください」というなんともロマンチックな意味も込められています。
以上のことは一般的にも知られている話かもしれませんが、最初に白のウエディングドレスを着た人物は誰かご存知ですか?

それは19世紀、イギリスのヴィクトリア女王。
当時イギリスで最も影響力があった彼女が、白のウエディングドレスを着て挙式をあげたそうです。それが、白のウエディングドレスの起源だとされています。国民たちはそれを見て、ウエディングドレスと言えば白、という憧れを抱きました。
起源はなんにせよ、当時も今も、素敵な白のウエディングドレスは特別な物で、女性の憧れという点は変わらないようです。

結婚式での意味や起源に注目してみるのも面白いかもしれませんね。