結婚式をする理由、しない理由

時代の流れに合わせて、1.5次会をはじめ、色々な結婚式のスタイルがありますよね。しかし入籍だけ済ませ、結婚式をしないカップルというのも増えてきているイメージはありませんか?
あるデータによると、半数以上の約7割の人が何らかのスタイルでの結婚式を行っているようです。
それでは結婚式をする理由、しない理由としてはどのようなものがあるのか、実際の声も含めて考えてみました。

結婚式をする理由
結婚式をする理由として大きなものが、結婚式をすることで感動や達成感が得られるということです。
やはり結婚式を憧れに思っている人も多く、人生における忘れられない思い出にもなると考えているようです。
親孝行をはじめ、お世話になった人たちへの感謝のため、という理由も多く聞かれます。当人よりも両親が楽しみにしているという家庭も少なくないでしょう。身内だけで海外挙式という方や、友人をたくさん集めて気軽なパーティーをする会費制結婚式など、色々な結婚式のスタイルが選べる時代になっているというのも結婚式をする(しやすくなった)理由でしょうか。

結婚式をしない理由
結婚式をしない理由として多かったのは、意外にも「面倒」だという声。
確かに結婚式の準備は大変で、場合によってはケンカをしてしまうカップルもいるようですね。
段取りや準備はもちろん、どこからどこまでを招待するか、という気を使うようなことを負担に感じる人が多いようです。
お金の問題もあるようです。そもそもお金がないという人や、もったいないと言ってしない人。結婚式をするにあたっての平均費用は300万円以上ともいいますから、簡単に用意できる金額ではないですもんね。
しかしお金が理由で結婚式が・・・。という人には会費制結婚式や、0円プランなどを活用して是非とも素敵な結婚式を味わってもらいたいですね。

結婚式をするしないは個人の問題なので難しいところもありますが、どちらかといえば楽しみにしている人が多く、喜ばしいことなのではないでしょうか。ニーズに合わせてスタイルは変えられる時代にはなっていますが、必要ないと感じる人も増えている。
これからの結婚式事情はどのようになっていくのでしょうか。