日取りで変わる結婚式の相場

まずは料金が高い時期を紹介します。ずばり、一番料金が高くなるのは、憧れのジューンブライドとよく言ったもので、「6月」。そして「大安の休日」です。大安というのは祝い事をする際に最も適した日のこと。大安など六輝が確認できるカレンダーもあるので、注意して見てみましょう。六輝に関してはひとくち情報でも紹介しましたので、詳しくは「冠婚葬祭に欠かせない「六輝」とは?」をご覧ください。
幸せの象徴ともいえるジューンブライドと、祝い事に適した大安の日の料金が高くなっているのは納得ですね。
そのほかに料金が高めに設定されている日というのは、春・秋の涼しく過ごしやすいシーズンです。暑すぎず寒すぎず、準備がしやすいですし、ゲスト側からしてもうれしいですよね。
このような時期はやはり多くのカップルが結婚式を挙げたいと思うものなので、予約も多くなり、料金も高くなるというわけです。

それでは逆に料金がリーズナブルとなる時期はいつごろでしょうか?
簡単に言ってしまえば、料金が高い時期の逆を考えればよいのです。具体的には、「春・秋以外のシーズン」、「仏滅の日」、「平日」などです。
春や秋が結婚式のシーズンとするならば、暑い夏や寒い冬は結婚式のオフシーズン。もちろん料金は下がります。
仏滅というのは、先ほどの大安と逆の意味で、祝い事をするには向かない日であり、六輝の中で最も悪いとされている日です。悪いと聞くとこんな日に式を挙げても大丈夫かな、と思ってしまいますよね。大安や仏滅に関しては、料金に影響があるのは確かですが、こだわりがあるのかは人それぞれです。若い人よりも親やさらにその親の世代は敏感な場合もありますので、きちんと相談して決めていきましょう。
平日もやはり料金が下がります。休日に合わせて結婚式をする人がほとんどですので、平日は予約が埋まらない式場が多いです。それに合わせて平日割などのプランも多いようで、低料金での結婚式をしたいのなら平日婚を考えるのもありですね。

結婚式はお金がかかる!というイメージですが、日取りが変わるだけでなかなかの差が出ます。日取りを決めるのには色々な人と相談をした方がいい場合もあるので、自分の予算や両親の希望など、しっかりと考えてから決めていきましょう。どうしても安く!という人は、ご紹介した時期から日取りを探してみてはいかがでしょうか。