招待状をもらったときのマナー

皆さんは結婚式への招待状が届いたらどうしていますか?
最近の招待状はスタイルも個性あふれるものが増え、形式にとらわれない傾向も強くなっています。
ここでは意外と知らない、招待状を返信するときのマナーをご紹介します。

招待状に名前その他を書くとき、ペンは何を使っていますか?ボールペンという人も多いかもしれませんが、招待状に返信するときは毛筆や万年筆で書くのが望ましいです。しかし慣れていないと毛筆などは難しいですよね。ボールペンでも黒色ならばマナー違反ではありません。自信がある人は毛筆や万年筆書きで返信するのも良いかと思います。

それでは出席・欠席する際の書き方にはどのようなマナーがあるでしょうか?
「ご出席」の「ご」を二本線で消す、というのは基本的ですね。このとき、二本線で消すところを、「寿」という文字を上から書いて消す、というマナー上級者の方法もあります。
もらう側も感心するかもしれません。試してみてはいかがでしょうか。
他に気を付けるのは、お祝いメッセージをどのように書くかです。招待状を見るのは新郎新婦だけでなく、先方のご両親も見られる場合もあります。あまり砕けすぎたメッセージにならないよう、言葉を選んでメッセージを書きましょう。出席出来る場合は、2〜3日で招待状を返信するのが望ましいです。

予定が分からずに欠席になるかもしれない・・・。という方もいらっしゃると思います。そういう時は、前もって新郎新婦へ電話で報告をするのがマナーです。返信を延ばすと準備する側も決められないことが増えてしまいます。また、欠席が分かっていても、すぐに招待状を返す、というのは失礼にあたることもあり、マナー違反です。一度新郎新婦へ電話で連絡して、まずお祝いの言葉を述べたあとに、「出来る限り予定を調整しますが欠席になる可能性もあります」という旨を伝えましょう。出席ができないことが分かった場合は、その電話から何日か空けたあとに欠席と書いた招待状を返信するようにします。そうすることで「予定を調整したがどうしても都合が付かなかった」という気持ちが伝わりやすくなるためです。欠席理由も書きますが、「忙しい」などの言葉は使わずに、予定が調整できなかった場合も、理由はぼかして書きましょう。お祝いのひと言は忘れずに添えましょう。

このように、ゲスト側が招待状を返信するときも、守るべきマナーがたくさんあるのです。
結婚されるカップルに喜んでもらうためにも、しっかりとマナーを守って招待状へ返信をするようにしましょう。