婚姻届の証人

新郎新婦の2人が家族になるための初めての共同作業は、婚姻届の提出です。
2人で書きさえすれば、あとは提出するだけ!と思われがちですが、実は婚姻届には「証人」が必要なのです。結婚することを知っている2人の証人が必要で、その理由は婚姻届の正確性を高めるためとされています。
民法第739条で、「婚姻届は成年の証人二人以上が署名した書面で、又はこれらの者から口頭で、しなければならない」と定められています。
証人と聞くと少しお堅く、責任重大というイメージですが、証人になるのは誰でもよく、ほとんどの場合は新郎新婦のご両親ですが、知人や友人にお願いしてもかまいません。役所の職員にその場で証人になってもらったという事例もあるくらいです。書いてもらうのは、氏名、生年月日、本籍地だけです。

このように意外と簡単な婚姻届の証人ですが、「保証人」と勘違いされる方もいるようです。
証人になることで責任を負ったり迷惑がかかったりするわけではないので、心配はいりません。

婚姻届の提出というのは緊張する瞬間でもあると思います。今回は婚姻届の証人について紹介しましたが、わからないことは役所の係の人に聞くようにして、スムーズに記載・提出できるように準備しておきましょう。