ウェディングケーキ起源と歴史

ウェディングケーキの起源はなんと古代ギリシャ時代だと言われています。繁栄を祈願して花嫁の頭上にビスケットをまいたという説が有名です。なぜビスケットなのかというと、ビスケットの原料である小麦は当時の主食であり、収穫や子宝に恵まれるようにという願いが込められていたそうです。その後は豊穣を意味するぶどうなどの果物を加えたフルーツケーキに形を変え、18世紀頃に現在の形に近づきました。

イギリスのヴィクトリア女王が結婚する時のウェディングケーキは、3段重ねのシュガーケーキだったそうで、その各段には意味がありました。ケーキの下段はパーティに参加したゲストへ、中段は当日パーティに来られなかった人へ、上段は結婚した夫婦の最初の子どもために、という意味が込められており、イギリスでは今も上段は子どものために保管しているようです、びっくりですね。

このようにウェディングケーキには意外と歴史があり、ごく最近始まったことではないものなのです。
歴史やそれに込められた意味を知ることで、食べておいしい、という以外の楽しみかたもできるかもしれませんね。また、ここで紹介した説以外にもウェディングケーキにまつわる話はありますので、興味がある人は調べてみてください。