結婚式のトレンドは周期で回っている?

トレンドとはその時代の風潮、潮流、流行のことですが、婚姻を成立させるため、または確認するための儀式である結婚式にもトレンドがあります。結婚式のトレンドは約10年周期で変化すると言われており、それは経済状況や著名人の影響などによってもたらされます。では、今までの結婚式トレンドの動向はどういったものだったのでしょうか?

 

まず、1980年代は「派手婚」時代と言われ、大きな結婚式場でスモークやゴンドラ、レーザー光線などを使用した派手な演出で盛り上げるというものでした。
1990年代に入ると、バブル景気が終わるとともに、新郎新婦二人だけのハネムーンを兼ねた海外ウェディングや、身内などの少人数でのレストランウェディングなどの「地味婚」がトレンドと言われるようになりました。

 

2000年代は一軒家のようなゲストハウスに招待客を呼ぶ「アットホーム婚」が人気となり、2010年からは古民家などを舞台にし日本の伝統を取り入れた「和婚」や結婚式という日に今まで関わってきた多くの人との繋がりを再確認するため感謝の気持ちを伝えることをコンセプトとした「アットハート婚」がトレンドとなりました。

 

そして、最新の結婚式のトレンドといえば「シェアド婚」と言われています。2012年以降から徐々に増えてきているトレンドで、新郎新婦が一方的におもてなしするのではなく主役とゲストが一体となって結婚式を作り上げることで、幸せをシェアしましょうという参加型の結婚式です。

 

宗教にかかわらず様々な形の結婚式を選ぶことのできる日本だからこそ、結婚式を挙げる際に、どうして結婚式をあげるのか、招待客に対して自分たちが表したいことは何なのかをもう一度見つめ直してみるのも良いかもしれません。