あなたはナシ婚派?

皆さんナシ婚をご存知ですか?ナシ婚とは、式を行わず、婚姻届を提出するだけのもので、特に2000年以降にから増加しているようです。籍を入れた夫婦の約半数がナシ婚だともいわれています。半分と言われると多いように感じますよね。

ナシ婚派の理由としては、結婚式に魅力を感じない、上司や先輩など誰を呼ぶか考えるのがいや、準備が大変で気を使って疲れるからなど・・・新郎新婦は準備の裏側で沢山の悩みを抱えているのも事実です。それでも結婚式をしたいという人にとっては乗り越えられますが、特別魅力を感じていない場合は、苦痛かもしれませんね。
また、打合せに何回もいくのが面倒、仕事が忙しく時間が取れないなど準備にかける時間がないという人たちも多いようです。そして一番多かったのが、お金がかかりすぎる、来てくれる人にご祝儀や交通費などの負担をかける、新居や旅行に予算をかけたいなどの経済的理由でした。

そして驚きなのが、式を挙げなかったカップルのうち約三割が離婚しています。式を挙げた場合だと祝ってもらった方達に申し訳ないと思う気持ちで踏みとどまったり、夫婦間のトラブルがあっても式のことを思い出して初心に帰って乗り越える、という場合もあるようです。式を挙げている場合は写真などもありますから、思い出は形としてしっかり残っていますからね。
ですが式を挙げていない場合、ストップをかける要素がなくなってしまい、式を挙げている人に比べて離婚しやすい環境になるのかもしれません。

先ほど挙げた理由で式を挙げるか迷われている方、1.5次会(会費制結婚式)ならば悩みが緩和できるかもしれません。結婚式を挙げた人は90%以上の人が満足したと応えたというデータもありますから、ナシ婚派の人も、多様に選べる現代の結婚式を検討してみてはいかがでしょうか?