ご祝儀袋はどう選ぶ?

結婚式に招待されたら、ほとんどの人が「ご祝儀」を準備すると思います。最近は、おしゃれな色やかわいいデザインの祝儀袋もよく見かけるようになりました。しかし、色やデザインだけで選んでしまうと結婚式の当日に恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。色や水引の結び方にも意味があるんです。

結婚のお祝いに使用するお祝儀袋には一度結んだらほどけない「結び切り」という水引のお祝儀袋を使用します。絶対に「蝶結び」の水引を選んではいけません。ほどいて結び直すことのできる蝶結は、何度も繰り返して欲しい出産祝いなどに使われます。結び切りの結び方も様々で迷ってしまいますが、最も大切なのは、中身の金額とつりあう祝儀袋を選ぶことです。
あまりに立派な祝儀袋に中身が小額では逆に失礼となってしまいますので気をつけましょう。
結婚のお祝いには金と銀の結び切りの水引が一般的です。1〜3万円位のお祝いの時はこのタイプを使います。真ん中の飾り結びが鶴や亀がデザインされている豪華なものは、3〜5万円位のお祝いの時に使います。また、白が基調のシンプルなものは上司、先輩等目上の方にも好印象です。おしゃれで目を引くデザインのお祝儀は、略式なものが多いので友人や親しい相手なら大丈夫ですが、目上の方や親族には控えたほうがよいでしょう。かがだったでしょうか?いざとなった時に困ったり恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりと勉強しておくと良いかもしれません。