シャイ婚ってなに?

シャイ婚と言うものをご存知ですか?シャイ婚と聞くと恥ずかしがり屋の結婚式?と連想してしまいますね。それも当たっていますが、実はもう一つ大切な意味が込められているのです。
日本で結婚しているカップルの半数が結婚式を挙げていないナシ婚層だということをは以前のひとくち情報でも紹介しましたが、ナシ婚層の中でも、結婚式をしなかったことを後悔している人はなんと7割以上で、その多くの理由が、「両親に感謝を伝えられなかった」という理由です。結婚式が親しい人や、両親へ感謝を伝えたりする良い機会となっているのも事実なのです。

このように、ナシ婚層が増えてきていることや、再婚のため結婚式を挙げにくい、という中で近年流行し始めているのが、シャイ婚なのです。シャイ婚のもう一つの大切な意味は「謝意」、感謝を伝えることなのです。シャイ婚ということばだけではどんな結婚式か想像しにくいかも知れません。確かに親しい人達の少人数で、セレモニーや演出は控えめといったアウトラインはあるものの、はっきりした定義は無いのです。あえて言うなら、ゲストが多く演出が派手なハデ婚と結婚式を行わないナシ婚のあいだといえるでしょうか。
またシャイ婚をする人は、自分たちのための式はしなくていいけど、お世話になった人たちのために式を挙げたい、と考えています。そのため、自分たちの衣装などよりも、ゲストに出す料理や引き物、記念に残る集合写真のロケーションにこだわる傾向があるようです。

少し「シャイ」なあなたも感謝の気持ち、「謝意」を伝えるためシャイ婚を挙げてみてはいかがでしょうか。