和婚ってどういうもの?

日本伝統の美意識と文化を取り入れた和婚スタイルに憧れている人も多いのではないでしょうか?
実際に近年では、結婚式に和の要素を取り入れた、「和婚」を行うカップルは非常に多いです。

「和婚」といってもどこに和の要素を入れればいいのでしょうか?神社での結婚式や和食のコースを取り入れることでしょうか?
もちろん、それも和婚です。実は和婚とはこうしなければいけないという決まりはなく、和の要素を取り入れた結婚式の事は和婚と言っていいでしょう。
最も分かりやすいのは、和装衣装です。衣装の美しさは、和婚人気の大きな理由でもあります。挙式のチャペルでウェディングドレスを着て、披露宴のお色直しで和装をするというパターンが現在では人気の和婚スタイル。他にも前撮りの写真の中で和装をして思い出に残すカップルも多いようです。
日本特有の建造物や庭園、神社での神前式も代表的な和婚といえるでしょう。会場の装飾を和のイメージでコーディネートしたり、日本料理や和のテーブルコーディネートを取り入れたりしているようです。

近年はドレスを全く着ずに、0から100まですべてを「和」で造り上げるののではなく、「和」の演出をどこかしらで取り入れる、というのが「和婚」の主流のようですね。

鏡開きや餅つきなど、日本の代表的なお祝いの演出は、幅広い層に楽しんでもらえるというメリットもあります。自分達のキャラクターや希望、参加してくれるゲストのことも考え、「和婚」の要素を結婚式に取り入れてみるのもいい思い出になるのではないでしょうか。