結婚式をより華やかにする「ブライズメイド」とは?

結婚式にはとても多くの種類の演出があり、どのようなものにしようか悩んでしまいますよね。「ほかの人と似た様な演出はイヤだ!」という人もいるのではないでしょうか。結婚式にはトレンドがあり、そのトレンドに乗ってしまうのもいいですが、できれば珍しい演出で目を惹きたいと思っている人におすすめなのが、「ブライズメイド」という演出です。

ブライズメイドは、欧米ではポピュラーな風習として結婚式ではよく行われる演出で、結婚式当日に花嫁に付き添う女性たちのことです。花嫁の姉妹、友人、親族で、独身の女性が努めます。花嫁はウェディングドレスを身につけていることが多いですが、ブライズメイドに選ばれた2~5人ほどの女性たちもドレスを着用し、花嫁の側に立つのです。

このブライズメイドは、結婚式の場に悪霊が寄ってくると信じられていた欧米で、同じ様な衣裳を着た人を用意して目くらましをし、悪霊から花嫁を守るためにはじまったものです。

では現在の日本で、ブライズメイドに果たしてもらう役割とはどのようなことなのでしょうか?実は海外では、日本ではプランナーが行うような結婚式の手配もブライズメイドが行い、とても大変な役割なのです。日本ではそのようなことはなく、花嫁の近くに立って簡単な補助をするのが主な仕事です。補助の仕事としては、受付、ゲストに花を配る、花嫁のベールやドレスの裾を直すといったことが多いようです。また、ドレスを着た女性ということで、結婚式を華やかに彩るという意味合いも強いですね。

ブライズメイドは、花嫁もゲストもお互いに大切な人だという関係性のもと行われることが多いので、両者の間に素敵な思い出ができることは間違いないでしょう。珍しい演出をしたい人にはもちろん、仲良しの姉妹や、かけがえのない親友、家族同然の親族など、大切な人と結婚式を共有したい人にもおすすめです。