席次表を工夫してゲストをおもてなししよう

結婚式の準備段階で招待状が返ってきたら、次は席順を決める番です。席順を決める際に気をつけたいことと、ゲストに喜ばれるような席次表のアイディアを紹介します。

まず席順を決める際気を付けるべき点は、どのように席をグールプ化するかということです。職場関係、学生時代のの友人、親族・・・といった感じで、なるべくまとまりがあるようにグループ化していきましょう。知らない人同士を混ぜてしまっても会話が弾まない場合もあるので、できる限り関係のある人同士をグールプ化しましょう。

次はテーブルの序列の順番を考えます。新郎新婦が座る席に近いテーブルの席ほど上座になり、遠い席は下座になります。最も上座には自分の職場の上司など、職場関係のゲストになることが多いようですね。主賓のあいさつもお願いするかと思いますが、そういう人には最も上座に当たる席に座っていただくのが一般的です。
新郎新婦が座るメインテーブルから最も遠い席は末席(まっせき)と言います。この席には一般的に両家の両親が座り、肉親からその回りに座っていきます。
以上の点に気を付ければ、席順に関してのマナーは問題ありません。

では次に、ゲストが見て楽しいような席次表はどのようなものか考えてみましょう。席次表というのは自分の座る席が分かるものというのはもちろんですが、ゲストからすると「他にはどんな人が来ているのかな」、「この人は新郎(新婦)とどのような関係の人なんだろう」という興味本位で見るものでもあります。
つまり席次表に細かい情報やメッセージが載っていれば、ゲストは結婚式をより楽しむことができるのです。
例えば友人のAさんが出席していたとして、「高校の同級生」とするだけでなく、もし同じ部活の友人だったならば「バレー部のセッター」など細かい情報や関係を記載してみるというアイディアです。こうすることでゲストにとっても新郎新婦との関係性をより知ってもらうことができます。
席次表に手書きメッセージを入れるという方法もオススメです。メッセージを入れることで、席次表がただ席を確認するためのものではなく、自分だけに宛てられた気持ちのこもったものへと変化するからです。受付で渡す際に注意が必要になりますが、個別の席次表ということで特別感を演出できます。

このように席次表でも、工夫次第でゲストを楽しませる演出に早変わりします。自由度の高い1.5次会をはじめ、和やかな雰囲気を目指して式をプランニングしているふたりにはもってこいの演出になるのではないでしょうか。個性を出したい方はぜひチャレンジしてみてください。