お呼ばれのときはアクセサリーに気をつけよう

結婚式にゲストとしてお呼ばれされたとき、やはり自分の見た目には気を使いますよね。スーツやドレスだけでなく、アクセサリーにまでこだわる人も多いのではないでしょうか。しかし結婚式でアクセサリーを身に付ける際には知っておくべきマナーがありますので紹介いたします。

「これを身につけた方が良い」というよりも、「避けた方が良いもの」というのが意外と多いのがアクセサリーです。
まずは有名な話ですが、花嫁とかぶってしまうものや、花嫁よりも目立つようなものは避けましょう。結婚式の主役はあくまでも新郎新婦のふたりですから、花嫁の特権である「白」や「生花」、キラキラと輝いているようなものは避けるのが望ましいとされています。しかし白のパールは万能な素材とされており、服装との組み合わせを間違えていなければ許容されます

普段仕事や私生活でも腕時計を身に付けている人も多いかと思いますが、結婚式で腕時計をつけるのは実はマナー違反です。フォーマルな場なので付けるのが望ましいのでは?と思われがちなのですが、せっかくのめでたく楽しい場なのに、時間を気にしていると思われてしまうことが良くないという理由からマナー違反とされています。スーツを着るとそれとセットで腕時計も・・・という男性も多いですよね。結婚式やパーティの際は気をつけておきましょう。

アクセサリーの王道、ピアスやイヤリングにも気を付けるべき点があります。まずは揺れるピアスやイヤリングは避けるということです。「家庭が揺れる、安定しない」ということを連想させるという理由で身に付けないほうがよいとされています。
揺れると言ってもピアス自体が大振りであって目立ちすぎるものは良くないですが、少し揺れる程度でしたら服装に合わせて許容されるものもありますので、全体で見た時におかしくないものを選ぶようにしましょう。

このように、「絶対にこうだ!」というものが無いのが、結婚式マナーの難しいところですよね。せっかくの華やかな場ですから、アクセサリーもおしゃれなものを、と考える人も多いはず。しかし一番大切なのは新郎新婦をお祝いしたいという気持ちなので、マナーを守りふたりのことを考えたアクセサリー選びをしていきたいですね。