雨の日の結婚式は縁起がいい?

日本で結婚式シーズンの代表と言えば、桜がきれいな4月と紅葉が美しい9月、10月。ジューンブライドでおなじみの6月です。ですが日本での6月はちょうど梅雨の時期ですよね。天気が心配という人も少なくないはずです。一生に一度の結婚式!結婚式当日は晴れてほしいと思う人がほとんどだと思います。ですが、日本の降水確率をご存知ですか?地域によって変わりますが、1年間のうち約100日が雨です。これは降っても珍しくないですね。

しかし実は、雨の日の結婚式は幸せになれる、縁起が良いという言い伝えは世界中にあります。それをいくつかご紹介したいと思います。

ヨーロッパでは、「雨の日の結婚式は幸福をもたらす」という言い伝えがあります。新郎新婦が流す一生分の涙を神様が流してくれるというロマンティックな言い伝えです。また、天上界から神様が天使を雨粒にして降り注がせてくれるという考え方もあり、雨が降れば降るほど祝福されていると思ってもいいかもしれませんね。

キリスト教では雨は天からの贈り物と言われており、ブライダルシャワーは雨を模したイベントです。式に招いてもらったゲストが幸せになってくださいと願いを込めて花びらを振りかけます。本物の雨が降るなんて天に祝福されてるといえますね。
また、雨の日だからこそ出来る演出を考えるのもいいかもしれません。おしゃれな傘をコーディネイトしてウェディングフォト撮影したり、てるてる坊主やかわいいレイングッズでウェルカムスペースを飾ってもいいですね。
日本でもことわざとして、「雨降って地固まる」というものがありますね。雨がやんだ後は、乾いて地盤もしっかり固まるという意味です。このことからも、雨が降るということは悪い事ばかりではないと考えさせられます。

結婚式の天気は運によるところが大きいです。雨の予報だと悲しくなってしまう人もいるかもしれません。ですが、雨の日だから特別な演出の出来る日と切り替えたり、雨の日にも素敵な意味が込められていると思えば、きっと素敵な結婚式になるはずです。