会費制結婚式や1.5次会に関する、心付けの基礎

新郎新婦が会費制結婚式や1.5次会を終えてから、受付やスピーチ、余興など特別な頼み事をした人に対してお礼をすることがありますが、会場のスタッフやヘアメイク、カメラマンなど会費制結婚式や1.5次会に携わってくれた方々に「幸せのお裾分け」として渡す「心付け」というものもあります。今回はその「心付け」についてご紹介したいと思います。

まず結婚式場のスタッフに心付けは必要?ということについてですが、良いことが起これば悪いことも同じだけ起こるという云われから、「厄除け」のためだったり単純に「幸せのお裾分け」だったり、「感謝の気持ち」を伝えるためというような考え方があり、一般的には心付けは渡すものとされています。

心付けの金額の相場は、約3000円〜1万円ですがスタッフにもプランナーや司会者、ヘアメイク、カメラマンなど役職はそれぞれですので、それによって多少の金額の差は出てきます。表書きは「御祝儀」または「寿」、熨斗・水引については、紅白の水引、結び切り、熨斗ありのものが一般的です。

渡すタイミングとしてはいつが良いのでしょうか。心付けは感謝の気持ちとして渡すものですが、実際には渡しそびれのないように先に渡すのがマナーとされています。しかしプランナーだけは別です。大きな会場の場合、ずっと打ち合わせをしてくれたウェディングプランナーは当日いない場合が多く、渡せない場合もあります。その場合、最後の打ち合わせの時や前撮りを行う際、荷物の搬入の際に渡しておくといいでしょう。結婚式の全てを握っているプランナーに限っては、感謝の気持を込めて結婚式が終わった後にお礼をするというの形をちるのも良いかと思います。

いかがでしたか?心付けについて一般的な、マナーなどをご紹介しましたが、絶対にこうしなければいけないというものではありません、感謝の気持ちが伝わればいいのです。あなたなりの方法で、結婚式でお世話になった方々に感謝の気持を伝えてみてはいかがでしょうか。