会費制結婚式や1.5次会で喜ばれる余興とは何だろう?

会費制結婚式や1.5次会の余興というのは会場を盛り上げるものとして、ひとつの目玉イベントではないでしょうか。歌やダンス、映像を使った余興など色々な種類がありますが、余興を頼まれた側からするとなかなか何をすればいいのか悩むものですよね。
そこで今回は新郎新婦が喜んでくれる様な余興にするにはどのような点に気を付ければ良いのか考えてみたいと思います。

ではまず、余興をやるうえでの知っておきたいマナーを紹介します。
「切れる」、「別れる」などのワードを避けることは大前提ですね。また、下ネタや失恋が含まれる内容の音楽を使うことも避けましょう。メロディーが気に入って洋楽を使ったはいいものの、歌詞を訳してみると実は失恋の歌だったというケースもありますから、くれぐれも気をつけましょう。
また、ネタとして内輪ネタ(ある特定のグループにしか分からない内容)を使用するのことは、一部の人にはウケてもその他の人には全く伝わりません。全てのゲストに平等に伝わるネタを用意しておきましょう。

余興を行ううえでの最低限のマナーが分かったところで、喜ばれる余興はどのようなものなのか考えてみましょう。まず第一に意識する事は、新郎新婦を一番に考えた内容のものを用意するということです。ウケ狙いでも感動的な作品でも構いません。新郎新婦への愛情が詰まっていればいいのです。
形はどうであれ、新郎新婦が喜んでくれればその思いは他のゲストにも伝わり、会場の一体感を生み出します。結婚式の雰囲気づくりに一役買うことも可能です。新郎新婦が喜ぶネタや内容をしっかりとリサーチして、気持ちの入った余興を準備したいですね。

喜ばれる余興にするポイントはまだまだあります。次に意識することは、幅広い年齢層が楽しめる内容を用意するということです。老若男女が集う結婚式会場では、会場の一体感が大事だという話は先ほど書きました。選ぶネタによっては、若い人しか分からないうということもあるので、どの世代でもバランスよく伝わるようなネタを選ぶことが必要です。

最後に、質にこだわることです。特に歌やダンスを披露したい場合は、頼まれたから嫌々やるという感じが伝わってしまうとまずいですね。多少恥ずかしくても割り切り、できれば練習を重ねて見ている人が満足するようなレベルを目指しましょう。クオリティの高い余興というのは、他のものをすべてカバーしてしまうほどの力を持ちます。多少マニアックな内容であっても見る人にすごいと思ってもらうことができればこちらのものです。これだけは自信がある!というものが結婚式で使えそうならば、余興に考えてみてもいいかもしれませんね。

会費制結婚式や1.5次会の余興は難しいものですが、同時にとても重要なポジションのものでもあります。最低限、今回紹介した内容を守れば、それだけで結婚式に一役買うのではないでしょうか。結婚式に華を添えるためにも、しっかりと考えて余興づくりをしていきましょう。