入籍日はどうやって決める?

結婚をする際、婚姻届を提出すると晴れて夫婦となります。そしてそのことを「入籍する」と言いますよね。この入籍日を、夫婦になるカップルはどのように決めているのでしょうか?

そもそもなぜ入籍日にこだわるのでしょうか?多くの理由は「忘れないため」ではないでしょうか。人生の中でもとても大事な記念日ですから、忘れないように覚えやすい日を選ぶカップルが多いようです。
たとえば、「ゾロ目の日」。確かに数字がばらばらに並んでいる日よりも、簡単に覚えられますしカレンダーを見ただけですぐに思い出すことができそうですよね。入籍日を忘れるなんてとんでもない、と思う人もいるかもしれませんが、うっかり忘れてしまう人も少なくないのです。

そこで忘れにくい日の代表として、どちらかの誕生日にするというカップルも多いようです。自分の誕生日を忘れる人はほとんどいないので、これなら忘れずにお祝いができますね。しかしこれでもうっかり忘れてしまった場合は、誕生日も入籍日も両方となるので注意しましょう。
また、ふたりが付き合った記念日など共通して知っている日に入籍するカップルも多いようです。入籍日にお祝いやお出かけなどをするにしても、事前に準備する必要があるのでどちらか一人でも思い出しておかないといけませんからね。

入籍日にふたりでお祝いやお出かけをしたいなら入籍日を祝日にするのもおすすめです。祝日は毎年変わらない日ですし、仕事が休める人ならば予定も決めやすいですよね。その他の定番どころとしては11月22日の「いい夫婦の日」、クリスマスなどのイベントの日がありますね。

そして最後に「こだわらない」という決め方です。挙式日=結婚記念日として、特に語呂合わせやイベントがある日ではないけども、入籍した日が特別という考え方。誕生日やイベント日などと別にすることで、1年のなかでふたりでお祝いができる日が増えるのは素敵ですよね。

入籍日と決め方といっても色々なアイディアやこだわりがあることがわかりました。結婚式の日取りなどは職場や家族にも気を使う必要があり自由に決める事は難しいかもしれませんが、入籍日は自由に決める事ができるものなので、ふたりでよく話し合って、ぜひ素敵な記念日を作ってください!