お呼ばれの時は髪型に注意しよう!

みなさんは会費制結婚式や1.5次会にゲストとして参加する際、どのようなことに注意して髪型を決めていますか?みすぼらしくないように、またひんしゅくを買わないために色々な注意点がありますよね。今回はゲストとして会費制結婚式や1.5次会に参加する際の髪型の注意点をいくつかご紹介したいと思います。

まず注意したいことは「ダウンスタイルは避ける」ということです。結婚式に出席する際、髪型は最も目に入りやすい箇所となります。そのため「きちんと感」を出すことが重要です。ダウンスタイルでも上手にセットすればきちんと感が出ますが技術に自身がない場合や、慣れない美容院で行う場合は避けたほうがよいでしょう。ダウンスタイルは綺麗に髪が巻かれていてもどうしてもきちんと感が無いように見られてしまう場合もあります。それにお辞儀をするときや食事のときに、髪の毛が顔にかかってしまうことがあるので、知らない人も多い結婚式場には向いていないと言えます。
逆に普段とは違う雰囲気でアップヘアにしていると、きちんと準備している、と好感が持たれます。

また忘れてはいけないのは「主役は花嫁」ということです。結婚式の参列のために、おしゃれに力を入れる女性ゲストも多いでしょうが、主役の花嫁より目立ってしまうのはマナー違反です。なので、アクセサリーや髪色は「きちんと感」を出しつつも、派手になり過ぎないように気をつけましょう。具体的には、ヘアアクセサリーは花嫁とかぶる可能性があるコサージュ系統は使わないようにする、新婦がやるような夜会巻きをしない、カジュアルすぎないようにする、などです。
そして、自分でセットをする場合、たまたま結婚式当日の寝ぐせがひどかったり、セットに失敗してしまうなど少々リスクが高めです。なので結婚式のような大事な場に出席する場合、美容室でセットするのがオススメです。また、大抵の美容室のスタッフは結婚式用のヘアセットのベテランでもありますので、マナーの範囲内で地味すぎずに仕上げてくれるので安心です。理想の髪型などがあれば、切り抜きなどをしっかりと準備しておきましょう。

これから結婚式にゲストとして参加する皆さん、自分が恥ずかしい思いをしないためにももちろんですが、新郎新婦や他のゲストの方々に失礼にあたらないようにするためにも、髪型に関してはしっかりと準備をしておきましょう。