お色直しはどうするのがいいの?

皆さん知っての通りお色直しとは、披露宴の途中に衣装を変えることを言います。花嫁の華やかな姿を何度も見る事ができるのはゲストの楽しみでもあり、衣裳を着替える花嫁自身も楽しいものではないでしょうか。

お色直しのその起源は、奈良時代にまでさかのぼります。当時、結婚して三日間は白無垢を着続け、四日目に色打ち掛けを着るのが習慣でした。そうやって、相手の家に染まる事が許されたと言われています。その慣習が簡略化されて、披露宴の途中で衣装を変えるようになったのが、現代のお色直しです。
最近では白無垢から色打ち掛け、ウェディングドレスからカラードレスだけでなく、ドレスを変えずに髪型やブーケだけを変えることもあるようです。「花嫁がお色直しでほとんど披露宴にいない・・・」とゲストが残念がっていたということもあるようで、花嫁と話せない、花嫁と一緒に写真が撮れないということが不満に感じる人も多いようで、たった一回のお色直しでも時間がかかっていてはゲストの満足度は下がってしまうという事です。
最近のお色直しの回数は平均一回とも言われており、お色直しの回数よりも、花嫁がどのくらい席を外すのか、花嫁不在の披露宴をいかに短くするかがポイントになりますね。

お色直しをしないアットホームなウェディングを行うカップルも増えているようですが、花嫁自身が色んな衣装を着たいという思い、女性ゲストが多い披露宴や親族の思いから、お色直しを楽しみにしている方が多いのも事実。演出的にもお色直しを入れる方が披露宴の進行にメリハリが出ます。
しかし先ほどのようなゲストが残念がる声を聞きたくないというときは、前撮りをして色々な衣裳はそこで着ておくというのも手ですね。挙式当日も受付やゲストの控え室、披露宴会場などに写真を飾ってゲストにみてもらえるようにしておくと、ゲストの満足度も上がりますよね。

お色直しはほとんどの披露宴で行われるいわば結婚式の必須プログラムかもしれません。花嫁自身の思いやゲストの思いを良く考えてどのようなお色直しをするのかしっかり決めていく必要がありますね。