結婚式でお酒が苦手な人はどうするの?

結婚式というのはおめでたい席で、そのおめでたい席に必ずといっていいほど付いてくるのがお酒ですよね。お酒が好きな人も多いと思いますが、全く飲めない、という新郎新婦もいるのではないでしょうか。そんな人が結婚式本番でお酒を勧められた場合、どのようにするのが良いのでしょうか。

披露宴会場では、食事にお酒を楽しみにしているゲストもたくさんいます。自分が飲み食いするだけでなく、主役である新郎新婦にもお酌をしたい、と思う人ももちろん出てきますよね。そのような人からお酒を勧められたとき、全く飲めない人がそれに応えて飲んでしまっては大変ですね。しかしお酌は断りづらいものです。そのようなときはたいていの場合、会場の配慮として新郎新婦席の下に、バケツが用意されています。お酌だけしてもらって少し口をつけて、飲めない分はバケツに入れておくという方法が一般的です。

たいていの場合はこの方法で対処できますが、強く勧められたときなどは、それなりの理由を用意しておくと良いでしょう。例えば、この後の写真撮影のために顔が赤くならないようにしている、などです。酔ったゲストが是非飲んでほしいと言ってくる事も少なくないので、念のために何か理由を用意しておきましょう。
それに合わせて、お酒に見える飲み物を用意しておくという方法もあります。ビールなどのお酒に色が良く似たソフトドリンクを手に持っておけば、お酒を飲んでいる感じを演出できます。

一生に何度も経験できない結婚式ですから、無理してお酒を飲んでしまって体調不良になるというようなことは避けたいですよね。お酒に強い人でも舞い上がって飲んでしまうと危険です。パートナーが注意したり、今回紹介した対策をするなどしたりして、お酒で失敗しないようにしましょう!