人前式でオリジナルウエディング!

形式にとらわれず、自由な雰囲気で結婚式を行うことができる人前式は、オリジナル要素を加えられることもあって最近では人気の結婚式スタイルです。今回は人前式の人気のポイントや流れをご紹介します。

神仏の代わりに結婚式の列席者に証人になってもらうというのが人前式の大きな特徴です。この証人のあり方もアレンジでき、ふたりの結婚を認める方は拍手を、というやり方や、証人の代表の方が署名をするといったやり方もあります。列席者からすると結婚式は見ているだけのことが多いですが、参加できる場面が増えることは嬉しいかもしれませんね。

スタンダードな人前式として、入場の後に誓いの言葉の拝読があります。ここでは堅苦しい物でなくてもOKで、少し上冗談をまじえても大丈夫です。式というとある程度言う言葉が決められているイメージですが、ふたりらしい言葉や演出が選べるのもうれしいポイントですね。

その後、指輪の交換、証人の署名、そして結婚の成立の宣言をし、人前式が終了となります。一般的な流れはこのようなものですが、その中にまだまだオリジナル要素を加えることができます。

ゲスト参加型の演出として、結婚承認のときに署名をするだけでなく、鈴など鳴り物を用意しておいて一斉に祝福するように鳴らすといった演出もできます。普通ならば披露宴で行うようなことも人前式ならばできてしまうのが楽しく人気のあるポイントではないでしょうか。

式を行う場所も自由に設定することができます。もちろん格式高い式場を選んでもいいですし、アットホームな会場や外で行うことだってできます。人前式を行うカップルはオープンな式にしたいという思いを持った人が多いので、せっかくならば少し変わった結婚式にアレンジするのも良さそうですね。

自由度が高い人前式は普通の挙式ではできないことも実現できるのが大きな魅力です。ふたりらしい演出と、列席者も見ていて嬉しくなる様な演出を盛り込んで素敵な式を作り上げてみてはいかがでしょうか。