夏の結婚式の服装マナー

皆さんは夏の結婚式ならではの服装マナーやドレスのチェックポイントがあることをご存知でしょうか?夏の厳しい暑さの対策をしながらも夏の結婚式ならではのドレスの色選びや持参しておきたいアイテムなど、出席前にしっておきたい様々なポイントがあります。そこで今回は「夏の結婚式」の服装マナー(お呼ばれドレス)のポイントをご紹介します。

まずはドレスの色選びについてです。夏は暑い季節だからこそ結婚式に参加する際は、涼やかな色合いの寒色系のパーティードレスがおすすめです。見た目も自然と爽やかになるため、会場を華やかに彩ることができるはずです。また汗のシミが目立たない色のドレスを選ぶのもポイントの一つです。グレーや茶、原色系の色は汗のシミが目立ちやすいので避けたほうが良いかもしれません。

汗対策としては、袖のあるドレスではなくノースリーブのドレスを選んでみてはいかがでしょうか?汗を書いても目立たず、処理もしやすいため夏の結婚式にはおすすめです。しかし、ノースリーブのドレスとなると少々肌の露出度が高めです。夏のおしゃれ着は肌の露出度が高いものが定番ですが、結婚式の参加する服装としてはあまりふさわしくありません。ノースリーブのドレスを着る場合は必ずそれ1枚だけで着るのではなく「羽織もの」をあわせましょう。

ドレス以外にもポイントはあります。ヘアアレンジはアップがおすすめです。顔周りは特に汗をかきやすいため、おろした髪の毛が顔や首元に張り付いてしまったり、髪を巻いてもカールがとれてしまったりと、アクシデントが起こりがちだからです。
他にも帰りの着替えを用意しておくと便利です。暑い帰り道でドレスを痛めてしまうのは避けたいですし、なれないドレスで疲れた体を楽にして帰ることができます。

いかがでしたか、今回ご紹介したいくつかのポイントを気をつけるだけでも夏の結婚式はかなり違ってきます。夏の結婚式に参加するご予定がある方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか?