婚約指輪の新常識!?

かつて婚約指輪の金額は、給料の3ヶ月分が相場だと言われていました。最近では相場も変化し、婚約指輪を購入せずに結婚するカップルも増えています。

 

婚約指輪の相場についてですが、近年では給料の約1ヶ月分というのが新常識になっているようです。理由としては指輪ばかりにお金を使い過ぎずに、残りの給料2ヶ月分のお金を結婚式や新生活にあてようと考えるカップルが増えているためです。指輪といえば多少見栄を張って高級なものを、というイメージもありますが最近のカップルはそうではなく現実的なのでしょうね。
婚約指輪をカップルで買いに行くのが増えているのも理由の一つかもしれません。女性は家庭を持つことになるので、今後の生活を考えて保身的になり、金額を抑えた指輪を選んでしまうようです。

 

また、婚約指輪を購入せずに結婚したカップルは全体の3割程度と言われています。この数字の中には様々な理由が含まれているのでしょうが、やはり婚約指輪に憧れを抱く女性は多いというのも事実です。そして、料金も男性が全額を支払うのではなく、半額ずつ払ったり、女性が全額出したりと様々なカップルがいるようです。

 

近年では2人の身の丈に合ったものを無理なく購入する、というスタンスが定着しつつあり、婚約指輪に対する考え方が少しずつ変わってきているのでしょう。みなさんは婚約指輪にどのような考えをお持ちですか?