結婚指輪のための枕、リングピロー

皆さんはリングピローというものをご存知ですか?リングピローとは結婚式が行われる際に、指輪の交換が行われるまで、結婚指輪を置いておくためのクッションです。

 

由来は、古代エジプトの結婚式で貴重な品を主君に献上する際にクッションを用いていたことが庶民の結婚式で一般化し、宝石をピロー上に載せて運ぶというスタイルが定着したと言われています。
リングピローに色やサイズに規定はなく、結婚式の色調に合わせたり白のシルクを使ったりする人が多かったのですが、近年ではオリジナルウェディングのブームに合わせ、式典の小物としてリングピローにもこだわる人が増えているようです。和装に合う和風のリングピローや、花のかたちをしたリングピローなど、挙式のスタイルや新郎新婦の趣味や趣向に合わせて選べるように種類も豊富です。
また、素材を集めて手作りをすることも可能です。

 

リングピローにまつわる言い伝えとして、結婚式に使ったリングピローを生まれてくる赤ちゃんの枕として3日間使うと健康かつ幸せに育つといわれるファーストピローというものがあります。
前述で書いたようにデザイン性の高いものが増えているため実際の枕として使うのではなく、赤ちゃんの枕元に添えて記念撮影をするのに使うようです。

 

リングピローはあまり日のあたらないアイテムで、どうしても必要なものではありませんが、結婚式への意欲を高めてくれるものであることは間違いないでしょう。リングピローの幸せな逸話を頭に入れつつこれからの準備を進めてみてはいかがでしょうか。