食前酒の意味はなんだろう?

みなさんは食事の前に、食前酒と呼ばれるお酒を飲んだ事がありますか?よく小さめのグラスに少量が入っているというスタイルが多いですよね。言葉の通り食事の前に少しだけ飲むこの食前酒にはどのような意味があるのでしょうか?

 

食前酒に期待できる効果として、食事の前に飲むことで胃に刺激を与え食欲を増進させるということがあります。よく結婚披露宴の料理テーブルでも見かけると思いますが、コース料理のときには食前酒が用意されることが多いですね。特にフランス料理が人気の結婚披露宴では欠かせない存在かもしれません。

 

食前酒にも様々な種類がありますが、王道なものはシャンパンです。アルコール度数が高すぎるものを食前酒に選んでしまっては、刺激が強過ぎて逆効果となってしまいます。食欲増進という意味ではシャンパンをはじめとした発泡性のお酒やシェリー酒が効果的なので、覚えておくと良いと思います。

 

結婚披露宴の時だけに限らず、日常生活でも食前酒は使えます。例えば好きな人も多い梅酒ですが、クエン酸が豊富に含まれているため疲労回復にも良いですし、脂肪燃焼の促進にもなると言われています。
冷たいビールなどもいいですが、食欲増進だけでなく健康面にも効果がある食前酒も取り入れてみてはいかがでしょうか?