結納の歴史

日本の結納の歴史は古く、天皇制度の始発につながる仁徳天皇の皇太子が花嫁をもらうときにゆいのもの(結の物)といって、品物を届けたというのが始まりです。

 

室町時代に公家や武家に広まり小笠原流や伊勢流などに体系化され、明治時代に入り、結婚式という形が市民に普及し始めたと同時に結納も一般的になりました。媒酌人や仲人と呼ばれる、両家の間を取り持つまとめ役の存在が登場したのもこの頃からでお見合い結婚が多かった時代には欠かせない存在でした。

 

昭和の中頃になるとマンションの増加や住宅事情の変化もあり、結納の場はホテルや料亭へと移行し、家族や親族一同が会して行われるようになりました。

 

時代の流れや地域、生活習慣に合わせて形は進化を遂げましたが、儀式に込められた想いに変化はなく、結婚における大切な行事の一環として大切に残されています。男性側にとっては大切な娘を嫁がせる女性側の両親に対して、誠意の気持ちを表す場でもあります。日本の古き良き文化、思いやりの心を持って臨みたいものですね。