コラーゲンってどんなもの?

みなさんは「コラーゲン」と聞くとどのようなことを思い浮かべますか?ほとんどの人が美容、特にお肌をきれいにしてくれるもの、というイメージではないでしょうか。それでは綺麗な姿をお披露目したい結婚式に向けて、意識してコラーゲンを摂取した方が良いのでしょうか?

 

肌に良いとされるコラーゲンの正体は、実はタンパク質なのです。タンパク質のおよそ3分の1を占めるのがコラーゲンだと言われています。肌内に特に多く存在するコラーゲンは、真皮の中に網目状に張り巡っており、肌の弾力を保っています。真皮と表皮の間にもコラーゲンは存在し、栄養を送る働きもしており、まさにコラーゲンのおかげで私たちの肌は保たれているのです。

 

しかしどうしても加齢によってコラーゲンは減少してしまいます。そのコラーゲンを摂取するにはやはり食べ物からが良いと思われがちです。しかしタンパク質であるコラーゲンは体内でアミノ酸に分解され、再合成されてまたアミノ酸になります。よってコラーゲンとして再合成されるとも限らないのです。つまり肌以外の血管や骨に使われてしまうことも多く、口から摂取したコラーゲンが直接肌に働きかける訳ではないということですね。

 

もちろんコラーゲンが多く含まれている食物を摂る事は体全体の健康、肌にも良い働きをしますので意識して摂取していきましょう。いきなり効果が現れるものでありませんので、普段から習慣づけておき、結婚式には良い状態で臨めるようにしていきたいですね。