装飾できるウェディングケーキ

結婚式の人気の演出に、ケーキカットやケーキサーブがあります。夫婦の共同作業として取り入れられてきた素敵な演出ですが、最近ではこのウェディングケーキに変化が起こっているのをご存知でしょうか?

 

欧米を中心に話題となっているのがネイキッドケーキです。ネイキッドとは英語で裸という意味です。ケーキの側面にクリームが塗られていないため横から見るとスポンジが丸見えです。まるで裸のよう…このことからネイキッドケーキと名付けられました。

 

クリームがたっぷりと装飾されたケーキとは対照的に、ナチュラルでシンプルな見た目が特徴です。飾りすぎないラフな見た目がスタイリッシュだということからオシャレに敏感な人々を中心に人気に火がつきした。
スポンジとクリームを重ねて、側面はクリームをならす程度で仕上げただけのシンプルなウェディングケーキです。シンプルなので手作りができる点も魅力の一つです。型にはまらず自由な装飾を施すことができるのでフルーツをふんだんに使ったり、会場の装花と合わせて生花でデコレーションしてみるのもいいかもしれません。

 

どんな色にも染めることができるネイキッドケーキは自分達らしい結婚式、自分達らしいウェディングケーキをと考えている方にピッタリのウェディングケーキです。普通のケーキ演出はしたくないという方はネイキッドケーキを試してみてはいかがでしょうか。