白無垢ってどんな着物?

本日9月23日、京都市内の神社において歌舞伎俳優の片岡愛之助さんと、女優の藤原紀香さんの結婚式が挙げられました。藤原紀香さんは白無垢姿で挙式を挙げ、華やかな姿を披露しました。日本で挙げられる結婚式では、よく見られる「白無垢」の衣裳。和装というのはわかりますが、一体どういった着物なのかご存知でしょうか?今回はそんな「白無垢」についてお話します。

 

まず結婚式を挙げる際、和装を選ぶのであれば白無垢を着るのが一般的とされています。白無垢はその名の通り全身真っ白な衣裳です。この「白」であるのは「真っ白のまま嫁ぎ、相手の色に染まります」という意味が込められているからです。また、白無垢は和装における婚礼衣では最も格式の高いものとされています。芸能人の結婚式でも良く見かけるのも納得ですね。

 

白無垢には綿帽子という白い布の袋状の帽子をセットで身につけるのがならわしとなっていて、これには魔除けの意味もあるみたいです。ただの婚礼衣という認識だけではなく、ひとつひとつに意味があるということも理解しておきたいところです。

 

白無垢を身につける際に気をつけなければいけないのが、小物を付けたいときは基本的に白で統一しなければならないという点です。ですが、差し色として袖口や襟の縁に、赤やピンクといった色を使用する場合もあります。白無垢を完全な真っ白だけのことを指すのでは無いという事を頭に入れておきましょう。

 

この白無垢は平安時代から婚礼に用いられており、ウェディングドレスよりも古い歴史を持っています。それほど長い歴史を持ちながら、現代でも色褪せることなく根強い人気を誇っています。歴史や伝統を重んじたい方にはぜひお勧めしたい婚礼衣装です。近年では、現代との融合により若者でも親しみやすいデザインも白無垢も増えてきていますのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。