結婚式といえばバラ!「ダーズンローズ」とは?

結婚式といえば花束やブーケを用意するのが一般的ですが、その中でも特に人気があるのが「バラの花」です。ではみなさん結婚式に大人気のバラの花ですが、「ダーズンローズ」というものをご存知ですか?今回はその「ダーズンローズ」についてお話したいと思います。

 

ダーズンローズとは1ダース=12ということから、12本のバラを示しています。ゲストが新郎へ合計12本のバラを贈り、新郎はその12本のバラから花束をつくり新婦へ手渡します。その中の一本を新郎の胸元にさすことが、「はい」という返事の代わりとなる、というなんともロマンチックな結婚の誓いの演出です。この風習の始まりはヨーロッパ。古くからの風習としていまでも伝えられています。

 

ちなみに12本のバラにはそれぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」というように一本一本意味が込められています。そして新婦は新郎の胸元へバラをさす際、自分が最も伝えたい意味を持つバラを選ぶのです。現代の結婚式に取り入れるとしたら、人前式や披露宴で行うのが良いかと思います。新婦は選ぶ言葉をあらかじめ司会の人へ伝えておき、どの思いがこもったバラを渡したのかということをゲストに伝えてもらうというのも素敵です。

 

いかがでしたか。今回はダーズンローズについてお話しました。現在では「公開プロポーズ」といった位置づけとなっていますが、意外ときちんとした言葉で思いを伝えプロポーズをせずに結婚式を迎えているカップルも少なくありません。ですので、きちんと場で思いを伝えたい、プロポーズがしたいという人にお勧めの演出です。是非検討してみてはいかがでしょうか。