お呼ばれの時は足もとにも注意しよう!

結婚式におよばれした際、女性の場合気を付けなければならない点が何かと多いです。ドレスやアクセサリー、髪型やメイクに使う事が多いでしょうが、足元まできちんとしてこそオトナの女性です。そこで今回は、女性が覚えておくべき足元のマナーについてお話します。

 

足元と聞いて思いつくものはやはり靴かと思います。結婚式では、つま先が隠れるような靴を履くのが基本的なマナーです。露出の多いパンプスはフォーマルな場である結婚式にはふさわしくないとされていますので注意しましょう。もちろん、足の甲やつま先が見えているものもおしゃれで素敵ですが、やはりカジュアルすぎるという点でいうとあまりオススメできません。

 

またヒールのタイプについてですが、幅の狭いものの方が上品とされています。高さも3cm以上あると、足のラインが美しく見えるという効果もあります。体調に何か特別な問題がない場合は平らな靴よりもヒールを履くようにしましょう。

 

最後はストッキングです。フォーマルな場である結婚式には生足はNGです。なのでストッキングの着用はマナーとなります。ストッキングは種類が多種多様ですのでどれにすれば良いか悩んでしまう方も多いでしょう。ですが結婚式では肌色のものを選ぶのがベターです。フォーマルな場なら黒でも良いとされていますが、結婚式においては喪服を連鎖させてしまうため避けたほうが良いでしょう。

 

このようにお呼ばれの際には、足もとにも意外とたくさんチェックポイントがありますね。ドレスや髪型がばっちりでも足もとでマナー違反をしていては印象は決して良くはなりません、大切な人の結婚式ですから、細部まで気を使って出席しましょう。