結婚式で避けるべきBGMとは?

音楽とは人々の生活と強い結びつきがありそれは今も昔も変わりません。みなさんも毎日何かしらの音楽を耳にしていると思います。そんな音楽ですがもちろん結婚式でも大活躍します。新郎新婦の入場シーンや歓談の際のBGM。結婚式では何十種類もの曲数を用意しなければいけないのですが、中には避けた方が良いものもあるので注意が必要です。

 

まず選曲のポイントですが、良いと思う人ではなく不快になる人がいないかを基準にしましょう。一例を挙げると、ロック調の強い曲や、クラブで流れているような曲は好まれる方もいらっしゃいますが、不快に感じる方も多いでしょうし結婚式のようなフォーマルな場にはそぐわないかと思われます。新郎新婦がいかに好きな曲であっても、その点には注意して選曲を行いましょう。

 

次に、歌詞に「忌みことば」が入っている曲もなるべく避けたほうが良いかと思います。結婚式での忌みことばは、「別れる、切れる、終わる、離れる、消える、去る、逃げる・・・」など非常に多いのです。使用する曲数も多いため歌詞すべてをチェックするのは大変な作業となりますが、忌み言葉のない曲がベターですし、気づく人は気づきますので念入りのチェックをお勧めします。

 

最後に見落としがちなのが、洋楽を使う場合です。洋楽の歌詞を訳してみると実は失恋の歌だったなどというのがよくあるケースです。きちんと結婚式に合ったおめでたく明るい歌詞であるかというところまで注意深くチェックされているのが理想です。日本語ではなく英語なので全ての人が気付くことでは無いかと思いますが、せっかくですので結婚式に相応しい選曲をしたいところです。

 

このように具体的に注意点を挙げてみると、「自分の好きな曲や思い出の曲を使おうと思ってたけど大丈夫かな?」と思われる方も多いでしょう。どうしてもこだわりや思い入れのある曲がある場合は事前に歌詞などのチェックを行い、結婚式にふさわしいどうか調べておきましょう。またプランナーさんにも相談して確認をとってもらえば盤石です。BGMは結婚式の印象を左右する重要な演出のひとつです。良い結婚式になるよう事前準備をしっかりと行いましょう。