地方によって違う!結婚式の風習

日本全国様々な地方があり、それぞれ独自の文化や風習が存在します。特に結婚式においては地方独自の風習が数多く存在します。今回はそれらをいくつかご紹介したいと思います。

 

まずは、富山県の「かまぼこ」。富山県の結婚式では鯛の形をしたかまぼこが引き出物で欠かすことのできないものとされています。お頭付きのお魚を振る舞う代用品として、かまぼこでおめでたいことのお裾分け(お福分け)するという由来があるみたいです。

 

続いて紹介するのは、新潟県の婿投げ・すみぬり。婿投げは、その名の通り雪へ向かってお婿さんを投げ飛ばすというものです。昔の略奪結婚をルーツに、よそ者に集落の娘を取られた若い衆の腹いせが形を変えたものと言われています。すみぬりは結婚式のゲスト同士がお互いの顔に墨を塗り合うというものです。無病息災・家業繁栄の願いが込められているようです。

 

北陸地方では挙式当日、一生水と呼ばれる儀式を行います。これは新婦が新郎の家に行き玄関でお米の入った一升枡の水を盃で飲むというものです。これはこれから一生この家の水を飲みますという誓の儀式なんだそうです。一生と一升をかけているようです。

 

石川県では披露宴の際お餅のはいったお雑煮が出されます。お餅の色はそれぞれ新郎新婦を表しており。赤は新郎、白は新婦を表しています。新婦の白は「新郎の色に染まります」という意味を持っているみたいです。引き出物や儀式だけではなく、出される料理にも独自の風習があるなんて結婚式って奥深いですね。

 

国によって結婚式の形式や風習が異なるのはよく聞きますが、同じ日本でも地域によって独自の風習によりこんなにも違いがでるなんて驚きですね。自分が嫁ぐ地域にはどんな風習が待っているのか少しわくわくしてしまいますね。