結婚式のピアス着用時のマナー

結婚式に着ていくドレスや、着物には色々と縁起良し悪し等のマナーがあります。同様に結婚式で身に付けるアクセサリー等にもマナーはあります。今回は、その中でも結婚式でピアスを身につける際のマナーについてお話します。

 

まずはじめに和服や着物を着ていく場合はピアスをつけるのはやめておきましょう。もともと着物は日本の民族衣装で、ピアスは西洋のもの。マナー違反以前の問題で似合いません。またフォーマルな場での正しい着物の着方は、耳に飾りはしません。

 

式の時間帯にも気を付けましょう。昼間に行われる場合はあまり光らないものが好ましく、白色のパールのものが一般的です。黒真珠のものはお葬式を連想させてしまうためやめておいたほうが良いかもしれません。逆に夜のパティーでは華やかなものが良いでしょう。だからといって仰々しすぎるものは品がありませんし、花嫁より目立たないのは基本中の基本ですね。また結婚式はフォーマルな場ですので服装もそれに見合うものを着用します。そこでアクセサリーをカジュアルなものにしてしまうと、全体的に見た時にちぐはぐになってしまう事がありますので、服装とアクセサリーはなるべくフォーマルなもので統一しましょう。

 

そして、結婚式では男性の方はピアスを外して参加するのがマナーです。最近では男性でもオシャレの一貫としてピアスをしている方もいらっしいますが、プライベートではしていても職場のようなフォーマルな場では外しているはずです。そのことを考えると結婚式でも外して参加するのが良いかと思われます。他にも家庭が揺れるなどといわれ縁起が悪いのではないかといわれている揺れるピアスですがこれはただのこじつけです。花嫁の髪飾りにも揺れるものは大昔からありますし、夜のパーティーで着るような華やかなドレスには揺れるようなピアスがよく映えます。

 

いかがでしたか。日本では結婚式でピアスを付けるという風習に馴染みがなく、一般的とは言えません。縁起の悪いデザインは避けるなど、上記のポイントによく注意しながら素敵なピアスをして結婚式に出席しましょう。