結婚式でのネクタイの注意点

ネクタイといえば男性が気を使うことが出来るおしゃれポイントの代表といえますね。結婚式でも例外ではなく、ゲストとして呼ばれたときはどのようなネクタイをしていこうか迷ってしまうと思います。今回はゲストとして結婚式に呼ばれた時のネクタイ着用時の注意点をご紹介します。

 

まずは一番悩むであろうポイント、ネクタイの色です。一番やってはいけないのは黒いネクタイを身に着けてしまうことです。弔事を連想させてしまうのがやはり良くなく、柄が入っていても黒がベースのネクタイは避けるようにしましょう。
それでは、ネクタイの色は黒とは反対の白が良いのでしょうか?現在では必ずしもそうではなく、どちらかといえば年配の方が白のネクタイを身につけていることが多いですね。若い世代の方は黒以外のカラーネクタイを身につけることも多くなっています。シルバーやシャンパンゴールドなどは特にオススメです。また、光沢があるものを選ぶと結婚式の場にはよりマッチしますよ。

 

次にネクタイの柄です。実は柄についての決まりはあまりなく、ドット柄、ストライプ柄、小紋など自分が好きなデザインを選んで良いでしょう。ただ、ヒョウ柄やゼブラ柄など、動物を連想させるものは殺生のイメージにつながりますので、結婚式では避けましょう。

 

最後に蝶ネクタイについてです。おしゃれ上級者にも見られる超ネクタイですが、着用しても問題はありません。しかし、本来は夜のパーティーのためのネクタイですので、結婚式が昼間に行われる場合であれば普通のネクタイの方が無難かもしれませんね。カジュアルさが増す二次会で着用しても良いでしょう。

 

フォーマルな場には必須のネクタイですが、色や柄を間違えてしまうと意味がありません。スーツの色との相性などもしっかりチェックして、正しくネクタイを着用して結婚式に出席したいですね。