結婚式で帽子をかぶるのはNG?

みなさん突然ですが、結婚式に出席した際帽子をかぶっている人を見たらどう思いますか?「別にいいいんじゃない」という方もいればそうでない方もいらっしゃるでしょう。では実際結婚式に参加するゲストのマナーとしてはどうなのでしょう?そこで今回は結婚式に参加する際の帽子に関するマナーについてお話します。

 

まず結婚式で帽子を着用しても良いのかどうかですが、結婚式が行われる場所によっても変わってきます。屋外の場合ですが、夏の季節など日差しが非常に強いケースもあり得ます。何らかの理由で頭部を隠したい方、体質的に日光に弱い方もいらっしゃいますので日光が当たる場所では基本的に帽子の着用はOKとなっています。

 

次に屋内の場合ですが、屋内での帽子の着用は基本的にはマナー違反です。余程の事がない限り帽子は脱ぎましょう。屋外での着用が主ですがファッションとして室内で着用するという方も増えてきています。ですが結婚式はあくまでフォーマルな場です。ファッションとマナー、どちらを重んじるべきかは言うまでもないですね。また本来では屋内屋外関係なく燕尾服とシルクハット意外のファッションでは帽子の着用は禁止されていますので。厳格にいうと屋外でも帽子の着用はマナー違反ということになります。

 

余談ですが特例を一つ挙げたいと思います。テレビなどで芸能人やハリウッドスターが結婚式にもかかわらず派手なファッションや帽子を着用しているのを見たことがあるでしょう。これは一つの例外として捉えましょう。一般人が真似をすると世間知らずなゲストとしてしか見られません。

 

いかがでしたか。今回は結婚式に参加する際の帽子のマナーについてお話しました。例外もありますが基本的には帽子の着用はマナー違反ということです。結婚式、披露宴に出席される予定のある方は是非参考にしてみてください。