婚約指輪と結婚指輪の違い

みなさん結婚をしたいという時には2つの指輪を用意する必要があることをご存知ですか?
結婚をする際は基本的に婚約指輪、結婚指輪の2つの指輪が必要となります。ではこの2つの違いを知っていますか?
今回は結婚に必要となるこの2つの指輪の違いについてお話していきたいと思います。

 

まず婚約指輪ですが、これは男女間で婚約を交わした証として男性から女性へ贈る指輪です。ダイヤモンドなどの高価な特別感のある宝石が付随されているものを選ぶ傾向にあるようです。ダイヤモンドが選ばれるのには理由があります。ダイヤは天然の物では最も硬い物質であり、すなわち固い絆で結ばれるということ意味しており。色がついていない、無色透明であることから純真な花嫁に相応しいとされています。もちろんこれでないといけないというわけではありません。またデザインはパーティーなどの際によく映える豪華で煌びやかなものを選ぶのが一般的のようです。

 

次に結婚指輪ですが、これは新郎新婦でのペアリングになります。これは結婚する二人の誓いの証となります。豪華で映えるものを選ぶ婚約指輪とは違い装飾も控えめなシンプルなものを選ぶのが一般的です。結婚指輪はなにか特別な日になどではなく、日常的に身につけることが前提になっている場合がほとんどです。ですのであまりに高価で豪華なものを選んでしまうと傷がつくのを必要以上に気にしてしまったり。装飾が多いと何かと日常生活にも支障がでてしまいます。また結婚指輪は丸いシンプルなものが代表的です。途切れることのない円は永遠の愛を象徴しているみたいです。

 

婚約指輪は婚約の証。結婚指輪は結婚の証です。それぞれの意味と役割をしっかり把握したうえで指輪の購入を行いましょう。指輪がお互いにとってより絆の深いものとなるでしょう。