結婚式バッグのマナー

お呼ばれ結婚式の際のバッグはどのようなものが良いんでしょうか?バッグといってもハンドやクラッチなどタイプも様々でそれにより使いやすさや容姿の雰囲気もガラリと変わります。ファッションを楽しむのであればいかにその日の服装にあっているかなどが重要ですが結婚式などのフォーマルな場ではマナーを守れているかどうかが最重要となります。そこで今回は、結婚式にゲスト参加する際のバッグに関するマナーをご紹介します。

 

まず、バッグといっても多種多様ですが大きすぎるものは結婚式にはNGです。フォーマルな場では大きすぎない小さめのものが一般的。そもそも挙式場や披露宴会場では食事を行うか、会話を楽しむと言った過ごし方が主ですので大荷物は必要ありません。クラッチバックを選ぶのであれば手で持つことができるサイズ。ハンドバッグであれば席に置いても邪魔にならない程度の大きさに抑えましょう。

 

また大きすぎるものはカジュアルな印象を与えやすいため結婚式にはふさわしくないでしょう。たまに見かけますが、サブバックとして紙袋を用意する方もいますがNGです。あくまで結婚式はフォーマルな場ですので、ある程度品のある小物を身につけるべきです。それはサブバッグも同じことです。

 

しっかりとした素材といってもファー、布、ビニール素材はNGです。おしゃれでは定番の素材ですがこれは「カジュアル」なものです。またファーやスエードなどは動物殺生のイメージから縁起が悪いとされています。これはバッグに限らず服装やその他の所持品でいえることですので注意が必要です。

 

いかがでしたか。結婚式に出席する際の所持品でもバッグは特に目につくものです。知らず知らずのうちにマナー違反をしていて失礼がないよう、また自分が恥をかくことのないようにしっかりとした知識を身に付けて結婚式に参加しましょう。