結婚式のお花の準備

みなさん結婚式に行った際必ず目にするものってありますよね。そう、お花です。ブーケや装飾、用途は様々で結婚式には欠かせないアイテムです。ですが結婚式の費用で盲点となるのがこの生花。そこで今回は、結婚式における生花の相場や成果に関する費用の節約方法についてお話していきます。

 

まず花が必須なのは高砂席。相場は花のサイズや種によって異なりますが、約4万円から10万円です。お花意外の装飾もして花の使用数を減らしたり、代用品としてにバルーンなどを使用すると費用を抑えられます。もちろんゲストが着席するテーブルにも必要です。相場は約5千円から1万円です。テーブルの真ん中に小さめの花束があるのを想像するとわかりやすいかと思います。かすみ草などでのボリュームアップは費用も抑えられますし何といっても可愛いのでオススメです。高砂席同様バルーンを活用するのもおすすめです。ゲストテーブルのお花は挙式後、持ち帰る方もいるため慎重に検討して選びましょう。

 

チャペルやエントランスの場合は生花で飾るのが一般的です。相場は2〜5万円ほど。チャペルやエントランスは結婚式の見せ場です。経費を抑えたい場合はキャンドルを併用、飾り物を豪華にするなど、花以外のもので経費を抑えましょう。他にも見落としがちですが、ウェディングケーキやケーキナイフ、受付、マイクなどの小物にも装飾として使用します。どれも相場は5千円程となります。そして結婚式のお花といえばやはりブーケです。挙式や披露宴などには必ず持っていますよね。ブーケトスにも欠かせません。相場はピンからきりまでですが、5千円から、3万円です。

 

いかがでしたか。お花って意外とお金がかかるものです。すべて合わせたら10万円以上にもなるんです。どこを抑えてどこを豪華にするか、代用できるものはないかなど遠慮せずにプランナーさんに相談してみましょう。