神父と牧師の違いってなんだろう?

日本にも色々な宗教がありますが、その中のキリスト教においては、結婚式に深く関係があるものですよね。更にキリスト教式の結婚式ではよく「神父さん」といって誓いの言葉を読み上げるなど結婚式を手助けしてくれる人がかならずいますよね。ですがキリスト教には「神父」もいれば「牧師」もいます。みなさんは両者の違いをご存知でしょうか?

 

神父と牧師、呼び方が違うだけで同じものなのでは?と思っている方も少なくないのではないでしょうか。しかしキリスト教の信者から言わせればこれは大変失礼な話。キリスト教には「カトリック」と「プロテスタント」の二つの宗派が存在し、「カトリック」の聖職者が神父、「プロテスタント」の聖職者が牧師です。

 

ではわたしたちが結婚式でよく目にするのは「神父」と「牧師」どちらなのでしょうか?こちらもやはり教会がどちらの宗派によるかで変わりますが、カトリックは厳しい戒律があり、信者しか挙式を許されていない場合が多いです。よって、仏教のカップルがキリスト教式の結婚式を挙げたいという場合は、プロテスタント教会で行うこととなります。
つまりカップルがカトリック信者でない場合は、プロテスタントの牧師が大活躍ということですね。

 

人気のキリスト教式の結婚式を予定される方も多いかと思いますが、最低限の知識を身に付けた上で検討しましょう。