ウェディングフォトの後撮り

結婚式の前撮りを行うカップルは以前と比べると日本でも格段に増えてきています。しかし結婚式前に行う前撮りと比べると結婚式後に行う「後撮り」を行うカップルは少なくまだまだマイナーな存在です。ですが、後撮りにはたくさんのメリットがあり場合によっては前撮りよりも理想に近い形でウェディングフォトを残すこともできるのです。そこで今回はまだまだ知られていない後撮りのメリットをいくつかご紹介したいと思います。

 

まず一つ目は余裕を持って撮影ができるという点です。日本では前撮りが定番ですが、結婚式前は準備や新居選びなど予定がつまっています。せっかくの前撮りの際にもスケジュールに追われて焦ってしまうカップルが多いです。一方後撮りは結婚式も終わり余裕が生まれた中での撮影なので非常にお勧めです。

 

2つ目は挙式当日に着られなかった衣裳を着られるという点です。例えば結婚式当日までは和装はいいやと思っていたが挙式を終えてみると「和装も着たかったな」と思い始める場合もあるでしょう。そういった場合でも後撮りならば希望を叶えることができます。

 

そして後撮りの最大の魅力は「具体的なイメージが固まっている」という点です。前撮りの場合実際に挙式を行う前ということもあり残したい写真のイメージが明確でない場合がほとんどです。ですが、後撮りならば挙式当日の写真を見た後で、もっとこういう雰囲気、アングル、ポーズで写真を撮りたかったなどの具体的なイメージを持っているため前撮りより自分の理想により近い写真を残すことができるのです。

 

いかがでしたか。まだまだウェディングフォトの別撮りといえば前撮りのイメージが強いですが、後撮りにも前撮りと同じくらいたくさんのメリットがあります。この機会に後撮りの良さもしっかりと押さえておきましょう。