二次会幹事依頼のマナー

挙式、披露宴の後友人や同僚と集まって二次会をするのも楽しみなものです。幹事代行業者に依頼したり、新郎新婦自らが準備を行うケースもありますが、友人に幹事を依頼するケースが多いのではないでしょうか。そこで今回は二次会の幹事を依頼する際のマナーやポイントをご紹介していきたいと思います。

 

まずマナーとして依頼の前に予定を伺う配慮をしましょう。二次会の幹事はゲストの出欠確認や景品の買い出し、余興の準備などやらなければいけない仕事は多いものです。普段働いている人が多いでしょうから、向こうの状況を伺うこと無く依頼してしまうと相手の印象が悪くなってしまいます。依頼するときにはまず本人が忙しくないか確認しましょう。また依頼は礼儀正しく丁寧に行いましょう。幹事役は相手に負担をかけるということになりますからお願いするときは丁寧に行いましょう。親しき中にも礼儀ありです。いくら仲が良くてもこういった点を疎かにしてはいけません。

 

他にも二次会の幹事は複数にお願いする場合も多いかと思います。幹事同士の親密度も二次会成功には重要です。昔から仲良しのグループにお願いすれば気軽に打ち合わせや準備が出来ます。注意したいのは面識のない人同士を幹事にすることです。知らない方との連絡を負担に感じる方もいるでしょうからそういった気配りも、大事にしましょう。そして絶対にしてはいけないのが幹事に任せっきりにすることです。幹事に考えてもらうのではなく、「会場はここ」「余興はこういうの」など具体的な事を決めるようにしましょう。出来る限り幹事の負担を少なくし、実務的な点だけを依頼するのが理想的だといえます。

 

いかがでしたか。今回は二次会幹事を依頼する際のマナーやポイントをご紹介しました。幹事は大役ですから引き受けてくれる友人は本当にありがたいものです。友人達への感謝を忘れず、幹事を引き受けてくれた方へのフォローやお礼も充分に行いましょう。